声優になるには

日ナレの入所面接(オーディション)の自己PRを解説

投稿日:2019年4月11日 更新日:

日ナレとは「日本ナレーション演技研究所」のことであり、声優やナレーターを志す人たちがそのための技術を学ぶ養成所です。

日ナレに入るためにはオーディションに合格する必要があり、オーディションの中では自己PRを行うことになります。

そこで今回は日ナレに入るためにオーディションではどのような自己PRをすればよいのかということを解説していきます。

自己PRのやり方

planning

自己PRの構成

日ナレのオーディションには多くの声優・ナレーション志望の人たちが集まりますから、ひとりひとりが自己PRに使うことのできる時間は限られています。

少ない時間の中でできる限り自分の魅力を伝えるためにも、事前に自己PRでどのようなことをするのか、全体の構成を考えておくことが大切です。

全体の構成といってもやはり時間は限られていますから、何かひとつに絞って自分のアピールポイントを伝えるようにするとよいでしょう。

自己PRのやり方

それでは実際にどのように自己PRをすればよいのでしょうか。

どんなに優れた力を持っていたとしても、審査員の人にそれを伝えることができなければ合格は難しいですから、とにかくわかりやすく簡潔に伝えるということを意識しましょう。

自分の強みは何であるのかということを考え、誰が聞いても明確にわかるような説明を準備しておくこと、

もし実際に演技をしてみせるならば具体的にどこが強みであるのかを演技の前に伝えることがなどが重要です。

自己PRの見つけ方

相手にわかりやすいように自己PRをすればよいということはわかったけれど、そもそも自分の何をアピールしてよいのかわからないという人も多いです。

そういうときはまず、声優には何が求められているのかということから考えましょう。

活躍している声優がどういう理由で人気を得ているのかを考えてみるのもいいでしょう。

声優にとっての魅力が何なのかということをたくさん挙げてみて、最も自分に近いものをPRできるようにしてみましょう。

オーディションの流れ

白いイス

オーディションを受ける方法

次に日ナレのオーディションを受ける方法を確認しましょう。日ナレのオーディションを受けるためには入所申込書を提出しなければなりません。

入所申込書はホームページから請求することができる入所案内に同封されています。

必要事項を記入して提出すると、日ナレから面接会場などのお知らせが届きます。そうすることで、日ナレのオーディションを受けることが可能になります。

審査内容

日ナレのオーディションではどのような審査が行われるのでしょうか。当然自己PRだけというわけにはいきません。

まず行われるのが、筆記試験です。声優をやるうえでは様々な文章を読むことになりますから、それに必要な国語力があるかを試すような試験です。

漢字の読み書きなどの基礎的なことを問われるので、改めて試験対策をしなくても基本的には大丈夫であると言われています。

次に行われるのは面接です。複数人で同時に受ける集団面接で、声優を志望する理由や現在のことを尋ねられます。

ここでは声優になりたいという意欲がきちんとあるのか、また声優になるために日ナレで学べる環境を整えてあるのかということを見られているのでしょう。

また、先ほど説明した自己PRの他にも、実際の演技を評価される実技試験も行われます。

ここではセリフ読みやナレーションを行います。声優として活躍できる素質があるのかということを見られるので、できる限りのことをやってアピールしましょう。

審査後

審査が終わってしばらくすると、日ナレから合否通知が届きます。

もし合格することができなれけばもう一度オーディションを受け直すことになりますが、合格することができれば入所のための案内などが届きます。

指定された期限までに手続きを済ませれば、申し込みの時点で指定していたコースの案内が届き、実際に日ナレでのレッスンを受けられるという流れになります。

日ナレオーディションを受けた人の声

thumb up

それでは実際にオーディションを受けた人の声を見てみましょう。

受験者1

筆記試験は「さんずいを使う漢字を書け」などのように簡単なもの。

また、演技の試験についても子供向けの本を用いたもので、それほど難しくない内容

面接もかしこまったものではなく、簡潔な質疑応答が行われた。

受験者2

オーディションでは緊張して思い通りの演技をすることができなかったけれど、後から合格通知が届いて驚いた

養成所のオーディションということで、現時点でそれほどの実力がなくとも、熱意や素質が見えれば合格になると思っています。

受験者3

実技試験の内容自体は難しくなかったものの、緊張で実力を出し切れなかったと後悔しています。

その結果としての不合格だったので、あまり油断せずにしっかりと準備して臨めばよかったと思っています。

まとめ

オーディションで行われることについては難しい内容は含まれないという情報が多いため、落ち着いて自分のできることをしましょう。

また、自己PRは事前に準備しておいて、当日はとにかく落ち着いて望むことが大切です。

どうしても不安だという人は、日ナレでレッスンを受ける自分を想像してみると、気持ちが高まった状態でオーディションに望めます。

日ナレの入所面接(オーディション)に合格するポイントとは?

近年注目されている職業の1つに声優があり、「将来は声優になりたい!」という人は多いのではないでしょうか? 声優の養成所といえば、数多くの人気声優を輩出する日本ナレーション演技研究所(日ナレ)が有名です ...

-声優になるには

Copyright© 声優になるためのメディア , 2019 All Rights Reserved.