練習方法

みるみるうちに滑舌が良くなる発声トレーニング「外郎売り」

投稿日:2019年4月3日 更新日:

声優・役者・アナウンサーなど、「声に関する仕事」に就く人たちなら、ほぼ必ず行った経験のあるトレーニングが「外郎売り」です。

昔からあるこのトレーニングは、滑舌を良くするための基礎練習として広く行われてきました。

この記事では「外郎売り」について、いったいどのようなものなのか、どのように行えば良いのか、その概要や効果について解説していきます。

「外郎売り」って何?

question

「外郎売り」の成り立ち

外郎売りとは滑舌の練習で広く用いられている発声トレーニングのひとつであると先に述べました。

しかし今でこそ発声トレーニングとして有名ですが、実は最初から滑舌のトレーニング用に作られた文章ではありません。

元ネタは「若緑勢曾我(わかみどりいきおいそが)」という歌舞伎の演目で、外郎売りは若緑勢曾我に登場する薬商人の、外郎(薬)の売り口上として登場します。

この売り口上には舌がもつれそうになる箇所が随所にあるにも関わらず、流れるようにすらすらと語らなければならないため、いつしか劇やアナウンスの訓練用に用いられるようになったのです。

「外郎売り」の効果

外郎売りを繰り返し練習する事で得られる効果としては、セリフを情感たっぷりに読み上げる技術、つまりは「演技力」の向上があげられます。

外郎売りはもともと歌舞伎に登場する薬売りの軽妙かつ流れるような薬のセールストークを元としているため、朗読を繰り返し行う事で、生き生きとしたセリフの吐き出し方が身に付くのです。

養成所の課題によく使われる

外郎売りは、声優・役者・アナウンサーなどの養成所で非常にポピュラーな教材として用いられています。

そういった声に関する仕事に就いている人たちの中には、養成所時代にあまりに繰り返し練習したため外郎売りを丸ごと暗記している人も少なくありません。

滑舌練習も同時に行える

外郎売りの中には思わず舌がもつれてしまうような言い回しがいくつもあるため、

外郎売りをすらすらと朗読できるように練習すれば滑舌が良くなることにも繋がります。

「外郎売り」の練習で気を付けること

外郎売りの練習を行うに当たってまず気を付けたいのは、朗読は一言一言をはっきりと、口と舌を大きく動かすようにして行う事です。

口や舌をあまり動かさず朗読すると楽に読めはしますが、滑舌の訓練としては適切でありません。

口や舌の筋肉を活発化させれば滑舌は良くなります。そのためにも口や舌を大きく動かす事を意識しながら朗読する事が重要です。

基礎となるポイントやコツ、テクニックなど

外郎売りの朗読に慣れてきたら、セリフのリズムやトーンを工夫しながら朗読するようにしましょう。

単に教材として読むのではなく、セリフに感情をのせて発する事で演技の練習になります。

また滑舌やイントネーションで苦手な箇所があれば、そこを繰り返し練習し克服する事が大切です。

間違った滑舌やイントネーションのまま繰り返し練習すると変な癖が付いてしまう事も考えられます。

特に地方出身の人は、知らないうちに方言のイントネーションでトレーニングを行ってしまう場合があります。

標準語のイントネーションを覚え、それを身に沁み込ませるよう意識しながらトレーニングを行うようにしましょう。

「外郎売り」のあらすじ

book

外郎売りは全部で5段落の文章構成になっています。ここでは、外郎売の本文の意味やあらすじを簡単に説明します。

第1段落は、薬売りが自分の店の主人を紹介するくだりと、売り物の薬について紹介するくだりで構成されます。

前半では自分の店の主人の名を出して自らの身辺を明らかにしつつ、後半では薬(外郎)について、

最近ニセモノが出回っているが本物は自分が取り扱っているものだけである、さらにこの薬は非常に由緒正しい薬であると、売り口上を述べます。

第2段落では、外郎の効能について説明します。外郎は腹痛に効く、そして何より特徴的な効能が「口がよく回るようになる事」であると告げ、いよいよ見せどころの、早口言葉の段に移ります。

第3~5段落は早口言葉の連続で構成されます。薬売りが洒落っ気たっぷりかつ畳み込むように、外郎の売り口上を朗々と謳い上げます。最後に「外郎はご入用でありませんか」と告げて締めとなります。

実践後の成果は?

マイクの前に立つ男性

外郎売りを繰り返し練習する事で「発声法」「滑舌」「演技力」など、声に関する仕事に必要なあらゆるスキルの向上が、実践後の成果として感じられるようになるでしょう。

特に「滑舌」の向上については、読み終わるまでの時間という目に見える形で現れてきます。これらのスキルの上達は、声優やアナウンサーなど声に関する仕事を志す上で自信となるでしょう。

声優を目指すうえで「外郎売り」は基本中の基本

声優やアナウンサーなど、声に関する仕事に必要なスキルを鍛えるのに最適なトレーニングなのです。

特に道具なども必要なく、自主練として手軽に行えるため、そういった職業を目指すための取っ掛かりとしても非常に適しています。

外郎売りをマスターしたと胸を張れるようになった時、あなたのスキルは格段に上昇しているはずです。

必ず力になるトレーニングなので、ぜひ挑戦してみて下さい。

声優志望者が知っておきたい日ナレとは?

私たちの生活において声優の声を耳にする機会は毎日のように存在しています。 現在では声優の地位はかつてに比べて飛躍的に向上しており、人気声優になると多くのファンが付くなど俳優や女優並みの扱いを受けること ...

-練習方法

Copyright© 声優になるためのメディア , 2019 All Rights Reserved.